入出力48点TTLレベルパラレルI/Oボード

入出力48点TTLレベルパラレルI/Oボード cPCI-P54

入出力48点TTLレベルパラレルI/Oボード
cPCI-P54


TEL:045-331-9201






特長
仕様
ダウンロード



価格 \22,000(税抜)


特長

PCIバス拡張スロットを持っているPC/AT(DOS/V機)またはその互換機にTTLレベルの入出力を付加する拡張ボードです。

・入力信号48本、出力信号48本の取り扱いが可能なTTLレベルI/Oボード。 ・すべての入出力段の入出力方向設定はソフトウェアにて設定可。 ・ポートの方向は、8ビット毎に設定が可能です。 ・入出力段のバッファICは、入力時にはシュミットトリガ入力に、出力時には大電流ドライブ(最大23.5mA)出力にと、  幅広い用途に対応。 ・入力信号のうち4ビットを割り込み信号に設定可能。最大4ビットの割り込み信号(要因)は、内部回路によって  1点の割り込み信号にまとめてPCに出力します。(0~4の要因を内部レジスタに設定)

ページのトップへ


仕様

バス規格 PCIローカルバス(R2.1以上)
入出力点数 8ビット×6ポート 計48点
入力信号レベル TTLレベル(10kΩプルアップ抵抗内蔵)
バッファIC出力電流 IOL=23.5mA(MAX)
IOH=-15.0mA(MAX)
割り込み機能 割り込み要因 4要因使用
割り込みリソース INTA(1点)
占有I/Oアドレス 16アドレス
電源電圧 +5V±5%
消費電流(バス供給) 900mA(MAX)
動作温度範囲 +5℃~+60℃
保存温度範囲 -20℃~+70℃
外形寸法 174.63±0.2mm×106.68±0.2mm
対応OS MS-DOS,Windows95/98/ME/NT4.0/2000/XP(32bit)/Vista(32bit)/7(32bit)
対応開発言語 Microsoft Visual C++
Microsoft Visual C#
Microsoft Visual Basic
Delphi

ページのトップへ


ダウンロード


ソフトウェアのダウンロードはこちらのページからダウンロード願います。 Windows7にてドライバをご利用の方はこちらをご覧ください。



Copyright(C)2011 CPI Tecnologies,Inc. All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】